バク転教室の知恵

『バク転教室の知恵』のよくある質問

公営のジムが数ヶ月、休館となるので、30kg×2のダンベルと、フラットベンチで、自宅トレをしています。足は、ブルガリアンスクワット、胸はダンベルベンチで、十分効いていますが、デッドリフト に代わる背中の種目で、悩んでいます。今は、ワンハンドローイングと、プレーンレッグレイズを行っていますが、ダンベルデッドリフトの方が良いのでしょうか?脊柱起立筋を軸になるべく少ない種目で、背中全体を鍛えられたらと願っています。最適なトレーニングをご教示頂けたらと願っています。よろしくお願いいたします。...
スティッフレッグドデッドリフトならダンベル60kgでもかなり効くと思います。 http://www.muscleandstrength.com/exercises/dumbbell-stiff-leg-deadlift.html この記事↓によると、 http://www.xfit.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=1313&Itemid=84 膝を少し曲げて行なうルーマニアンデッドリフトはハムストリングと大殿筋のトレーニング、膝を完全に伸ばして腰を曲げるのがスティッフレッグドデッドリフトでこれが脊柱起立筋のトレ...
トレーニングについて トレーニングする時って 同じ種目を3セットずつやるのか 1セットずつローテーションしていくのではどちらが正しいのでしょうか。 種目は ベンチプレス、ダンベルフライ、アームカール、後は種目名はわからないのですが、三頭筋をダンベルで鍛えるやつと、 背筋、太もも、脹脛を鍛えるトレーニングをジムで行っています。 筋肥大目的で、10回が限界なものを3セット行っています。...
バルクアップを目指すならば、 同じトレーニングを数セットこなした上で 違う種目に移行するようなトレーニング、 主に体力向上を目指すならば、 仰っているようなサーキットトレーニングが基本だそうです。 筋肉量を増やしたい場合、成長ホルモンの量が重要です。 そして、成長ホルモンの関係上、 インターバルは1分程度が望ましいそうです。 サーキットトレーニングの場合、部位ごとに考えると インターバルが1分を大きく超えてしまうので、 成長ホルモンの量が少なくなってしまうそうです。 したがって、バルクアップが目的ならば、 きちっとセットをこなすのが大事なのだと思います。...
『バク転教室』の詳細情報